スポンサーサイト

  • 2016.07.02 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク

大統領選挙について

  • 2012.11.08 Thursday
  • 02:36

オバマさんが再選されました。

アメリカではこの選挙で生活の明暗が別れる方が多かったと思います。

私はUS市民ではないので選挙権はないのですが、アメリカの選挙のしくみについて去年アメリカ政治学のクラスを取り少しばかり知識を得ていたので少しご紹介したいと思います。

大統領選挙にはPopular Vote(一般投票)とElectoral College(選挙人団)があります。

Popular Voteにより、市民は間接的に、州ごとに大統領(民主か共和党)を選びます。

その勝者がElectoral Collegeで定められたその州の選挙人数全てを獲得出来ます。

Popular VoteよりもEletoral Collegeがとても重要になるのです。

“Winner Takes All” です。

Electoral Collegeの規定で各州の上院議員数(2)、下院議員数(435)、D.C.(3)の合計数が538が総選挙人数となります。

うち、両候補者が勝つには過半数の270を獲得する必要があります。

上院銀数(100)+下院議員数(435)+D.C.(3)=538

538/2=269

269+1=270

選挙人数は各州で決まっています。

私の住むカリフォルニアの選挙人数は55ですが、例えば、人口の少ないサウスダコタとかモンタナなどは少なくとも1名の下院枠がありますので上院枠の2名と合わせ、選挙人数は合計3となります。

人口の多いカリフォルニアでPopular voteわずか1票差で勝利しても55の獲得になり、選挙人数の少ない州で大差で勝ってもわずか3の獲得です。

今回の全州の市民投票合計数ではロムニーさんが勝利していたのに、Electoral Collegeではオバマさんが270以上を獲得し逆転勝利となりました。

また、2000年の大統領選でもこのElectoral Collegeで接戦だったため、Hanging chandsの問題があったフロリダで投票用紙の見直しがされたのです。

Poplular voteにより全米投票総数で上回っても州で決められた選挙人数に反映されるとこういう矛盾が出てきます。


この選挙制度成立の裏には、アメリカ国民が建国当時から連法政府を信用せず各州独立したた自治体だったからでしょう。

州ごとに大統領候補を選ぶ規定も違いますし一概に投票総数で決められないのでしょう。

少数民族の特権も尊重しますし。


以上、去年こちらで勉強した内容からコメントしてみました。

もし違っていたらどなたかご指摘下さい。


多民族国家をまとめるのは容易ではないです。

オバマさん、来期も頑張って下さい!



 

景気、この頃どう?

  • 2009.06.02 Tuesday
  • 11:36
 最近、心持ち景気が良くなっているのを肌に感じる今日この頃です。なぜなら、当レストランに帰ってくるお客が増えてきたからです。今日のランチは月曜日にも関わらず12時から13時まで満員御礼。。。汗だくだくで働かせてもらいましたよ。二の腕の筋肉はさらに増強しそう。チップもアップし何だか得した気分でで嬉しいです。

 1月、2月は大統領交代後、景気の先行きが不透明で市民もセーブマネーに走っていたように思います。カリフォルニアロールのオーナーの表情もかなり深刻に見受けられましたが、春先から常連客がカムバックして来てくれているので一安心のご様子です。景気回復の兆しはこんな小さなレストランから現れるのかもしれませんね。

最高裁判事って永久職ですよ

  • 2009.05.27 Wednesday
  • 14:39
 今日のアメリカのトップニュースと言えば、オバマ大統領の最高裁判事、ソトマイヤーさんの指名でしょうか。初の女性ラティーノ判事の誕生です(ニュースを聞いていて、「ヒスパニック」より、「ラティーノ」の方が聞こえが良いように思いました)。アメリカの歴史は政治の世界にも段々と有色人種を受け入れていますよ。日本人も早く加わってくれると嬉しい限りですが。このオバマ大統領とソトマイヤーさんの会見はこちらです。
 
 アメリカの最高裁判事は大統領に任命された後は一生、その仕事を続けられるそうです。すごく安定した仕事なんですね。とは言うものの、このソトマイヤーさん、プエルトリコ系移民を両親に持ち、お母様はご主人が亡くなられた後、女で一つで看護師をしながら子供達を立派に育てた方のようです。お兄様はお医者様、ソトマイヤーさん自身はカソリックの高校を卒業した後、プリンストン大学を奨学金を得ながら卒業、ロースクールに進学、裁判管の道へ進み、まさにインテリジェンス版アメリカンドリームを成し得た方のようです。すごい努力家なのですね。移民の持つ底力ってすごい。。。それを受け入れるアメリカもすごい国だなって思います。



PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

California Time

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

加賀麩 不室屋 宝づくし
加賀麩 不室屋 宝づくし (JUGEMレビュー »)

熱湯を注ぐと中からドバーッと野菜が噴射して楽しいですよ!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM